しみ治療の4つの方法

subpage01

しみを消すとは、皮膚に必要な分のメラニンを残し、過剰に作られてしまったメラニンを消すことで、本当に消すことができるしみ治療の方法は、4つの方法があります。

そのしみ治療方法は、塗り薬の2種類ハイドロキノンとトレチノインやレーザー治療、リジュビネーションになります。


ハイドロキノンは、メラニンの生成のチロシナーゼに直接作用し、しみの原因であるメラニンの生成を抑え減少させ、その効果はビタミンCやアルブチンの100倍以上の効果と言われていて、治療薬は2~4%程度の濃度のものが多く、効果が高くなっています。



トレチノインは、表皮の細胞をどんどん分裂、増殖させて皮膚の再生を促してくれ、世界的に使用されていますが、日本では未認可の医薬品になっています。


しみ治療のレーザーは有名ですが、光が広がらずエネルギーは一点に集中され、それをその部分の皮膚に当てて熱で焼くことになりますが、火傷の心配はありません。レーザーの光線は、皮膚を通り抜けて異常になった色素細胞だけを焼くことで、しみの細胞を破壊してやがてかさぶたになり、小さくなって取れると正常な肌へと生まれ変わるという流れになります。



リジュビネーションは最先端の治療方法で、低出力のレーザーを照射することで、色素沈着を改善することができ、短時間で手軽な方法でソバカスやしみ治療だけでなく、肌のキメを整えてくれたり、毛穴の開きを改善する効果など、肌全体的に美肌効果が得られる治療方法になります。