しみ治療の重要性や再発予防の心得について

subpage01

しみは肌に出来る色素沈着の一種で、細胞の変質により色素が定着した状態を指します。形成されたしみをそのまま放置すると範囲が広がり、色も濃くなるケースが多いため見栄えが悪くなりやすい特徴があります。そのため、肌の美容に気を配る人は速やかにしみ治療を受けることが大切です。


しみ治療は多くの場合、しみが出来た部分の肌に刺激を与えて細胞の活性化を促し、しみを形成している変質した細胞を排出させます。

薬剤の塗布や医療用レーザーの照射によって細胞を刺激することでしみが出来た部分の排出を促進させますが、体質によっては薬剤が使用できないことがあるので注意が必要です。


また、レーザー照射は出力や照射時間を誤ると却って肌を傷めることになるので技術力が高く信頼できる医療機関を選ぶことが重要になります。


しみ治療で患部を取り除いた後も体質や生活習慣によっては再びしみが形成されてしまうことがあります。

再発したしみは肌の奥まで色素が定着していることが多いため、除去のための治療も時間がかかりやすくなります。



また、色素の定着の深さによっては外科手術で患部を切り取る必要があるので、健康的な生活を維持するためには日頃からしみの再発を防ぐためのスキンケアに気を配るように心がけます。



肌のしみは日焼けや体調不良、ホルモンバランスの変化など様々な原因で発生するため、発生原因を特定した後に問題点を解消することが肌の健康と美しさの保持に繋がります。